自力で治す方法!

 
家族で水虫の人がいると自分にも移ってしまい、
なかなか治らずに悩まれている方もいますよね。

足の指が白くなりカサカサしていると本当にショックだと思います。

市販の薬を使っても一度は良くなったりもしますが、
すぐに再発することも珍しくはありません。


そこで、このサイトでは、水虫で悩まれている方に向けて、
治し方や知識などを紹介していますので参考にしてみてください。


水虫アッサリ追放宣言!
こんなに簡単! だったのか・・・
水虫がたった1回で! ついでに美足になっちゃった。



治し方について!

水虫を治す場合、一体どうすればいいのか?

一般的には、薬で治療する薬物療法があります。

皮膚科などで処方される薬などもそうですし、ドラックストアなどで売られている市販の薬もあります。

もちろん、薬にも様々ありますが、塗り薬や飲み薬などの使用で、効果的に治すことができるとされています。

ただし、普通の水虫の場合であれば塗り薬でも問題はありませんが、爪にできた、所謂、爪水虫になると塗り薬だけでは難しいです。

その理由としては、有効成分が爪までなかなか届きづらいからなんですね。

そのようなことから、爪水虫ができているような場合は、
飲み薬で対処したりします。

病院で処方される飲み薬であれば、
有効成分が爪までしっかりと届くことができますので、
比較的治りやすいでしょう。

市販の塗り薬も今では進歩して、
一日に一回塗るだけでも効果がある物も増えてきました。

その効果も確実にアップしていますので、
早めに薬を使用すれば、治すのはそんなに難しくないでしょう。

但し、見た目で治ったと思って薬を止めてしまうと
再発する事もありますので、塗り薬は使い続けた方がいいでしょう。


人によっては、再発を繰り返す方もいるので、油断してはいけません。

また、なかなか治らないような場合には、何が原因かを考えてみてください。

特に、水虫の菌はバスマットなどに多くいますので、
家族で共有する場合や宿泊先などのバスマットは要注意です。

それに大勢の人が履かれるスリッパなどにも気をつけてください。


水虫の菌を完全に寄せ付けないようにするのは難しいですが、
上記のように注意していれば、ある程度は、防げるはずです。

どうしても治したような場合には、やはり徹底することが一番です。

例えば、外出する時にはマイスリッパを持っていく、
お風呂上りなどは、自分専用のマットで足を拭くなどです。

このように徹底すると治りも早いので試してみてください。

>>水虫は自分で簡単に治すことができます!詳しくはコチラから



水虫が再発しやすいのはなぜ?


水虫と言うのは、再発しやすいと言います。

一旦、治ったと思ってもまたできる可能性が高いと思ってください。

でも、なぜ再発しやすいのでしょうか?

その理由は、白癬菌が残っている可能性があるからです。

見た目、綺麗に治ったとしても、
実は、まだ、白癬菌が残っている場合があるんです。


その状態で治療を止めてしまえば、また菌が繁殖して、水虫を発症させます。

ですので、治ったと思っても油断しないことが大事なんですね。

つまり、しばらくの間は治療を続ける必要があるってことです。

また、以前と同じような生活をしている場合、これも再発の原因になります。

水虫と言うのは、一度なれば免疫が出来ると言うものではありますので、
再度、感染する可能性もあると思ってください。

水虫になった時と同じような生活状態になっていれば、
再発してしまう可能性が高いです。


なので再発を予防すると言う意味でも生活習慣を見直す必要がありますね。

足の不衛生が原因で水虫になってしまったのであれば、
治療期間だけではなく、その後もしっかりと清潔な状態を保つ努力をしてください。

それが再発防止をする上で重要なことになります。

>>水虫は自分で簡単に治すことができます!詳しくはコチラから



完治させるには?


水虫になった場合、完治できるのか不安になりますが、
そんなに心配することはありません。

なぜなら、水虫は、完治できる病気だからです。

早ければ、2ヶ月程度で完治できる場合もありますので、
あまり深刻に悩まなくても大丈夫です。

ですが・・・

水虫の種類によっては半年以上かかる場合もあります。

なので、完治までにどのぐらいかかるのかは
その水虫の種類だったり、状態によって変わると思ってください。

それと、完治したと思っても再発する可能性もあります。

よくあるのは、症状がなくなったから、治療を止めてしまうなんてパターンです。

見た目が綺麗になっても、薬を塗るのを止めてしまってはいけません。

薬を使用して1ヶ月〜2ヶ月ほどで症状は消えるのですが、
完全に菌が死滅したがわけではありません。

菌は、症状が消えてから1ヶ月〜2ヶ月は残っていると思ってください。


ですので、症状がなくなったとしても、
完全に菌を死滅させるためにも薬を使い続ける必要があります。

>>水虫は自分で簡単に治すことができます!詳しくはコチラから



予防するにはどうすればいい?


水虫を予防するためには一体どうすればいいのか?

水虫予防法としては、以下が効果的です。

・足をしっかりと洗う
・足を乾燥させる
・通気性の悪い靴を長時間履かない
・同じ靴下を履かない
・床掃除をまめに行う


などです。

先ず、基本は、なんといっても足をしっかりと洗うことでしょう。

これを徹底していけば、そう簡単に水虫になることはないのですね。

足の裏はもちろんですが、指と指の間も綺麗に洗うのがポイントです。

また、高温多湿だと水虫になりやすいので、なるべく足を乾燥させましょう。

特に通気性の悪いような靴を長時間履いている方は、
水虫になりやすいので注意が必要です。

具体的には、革靴、パンプス、長靴、ブーツなどは通気性が悪いです。

もし、靴下を取り替えずに毎日同じものを履き続けるなんて方は非常に危険です。

キレイな靴下を毎日、履くようにしてください。

それと家族に水虫の人がいるような場合には、
床に菌が付着している可能性もあります。

当然、そこを踏んでしまえば、感染する可能性が高くなりますので、
面倒でも、こまめに床掃除をしましょう。

これらの事を意識すれば、水虫の発症率を下げることが出来ます。

 


 
inserted by FC2 system